すぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで クリーンブース設置ガイドすぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで クリーンブース設置ガイド
クリーンブース設置ガイド ~すぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで~ » クリーンブースのキホンを学ぶ » オーダーメイドと簡易ブースの違い

オーダーメイドと簡易ブースの違い

オーダーメイド(特注)というと費用が高く、導入まで時間がかかるというイメージを持つ人が多いと思います。しかし、クリーンブースに関して言えばオーダーメイドというのは決して珍しいことではありません。設置する条件や目的がさまざまだからです。

このページではオーダーメイドクリーンブースと簡易クリーンブースの特徴や長所について紹介しつつ、両者の違いについて解説しています。

オーダーメイド(特注)のクリーンブースとは

オーダーメイド(特注)のクリーンブース
引用元HP:伸榮産業
http://clean-booth.jp/showcase/

オーダーメイドクリーンブースは、規格品化(パッケージ化)された製品ではなく、サイズや形状、機能など、導入する環境や目的に合わせて設計・施工するクリーンブースを指します。

オーダーメイドの場合は設置する予定の場所へスタッフが来て、採寸や既存環境を確認してくれます。どのような現場で使用するのかを把握することで、より効果的な機能を持つクリーンブースを設置できるのです。

また既存の空調設備や既存壁を活用して施工することもできるなど、希望するクリーン環境や作業環境がつくれるのが特徴です。

オーダーメイド(特注)のクリーンブースのメリットデメリット

オーダーメイドのクリーンブースのメリットは、まずユーザーの用途に合わせて自由自在に形状をデザインできることでしょう。 例えば、「真四角ではない場所に設置したい」、「置型タイプではなく、吊り下げタイプにしたい」など、さまざまな用途、要望にピッタリとフィットするクリーンブースを発注できるのです。 そのほかの形状では、キャスター付きの自立型、トンネル型なども可能。材質もアルミフレーム、ステンレスなどから選ぶことができます。

また、クリーンブースの機能であるクリーン度も選択可能となっていて、植物栽培のクラス100,000から、半導体・電子部品工場レベルのクラス100まで自由に設定できます。

一方でデメリットを言えば、最大のものはやはりコストでしょう。オーダーメイドは要望にピッタリのものを入手できる一方で、設計や加工代が割高になります。既製品のほうが低価格なのは、明らかです。

オーダーメイドと既製品、 どちらにするかは、生産性を考えたときに、どちらが有利かということになるでしょう。費用対効果を考えて比較検討してください。

簡易クリーンブースのメリットデメリット

簡易クリーンブースの一番のメリットは、低価格であることでしょう。 本当に簡易なものであれば、10万円台から購入することも可能です。「小さなスペースだが、クリーンな環境があったほうが良い」という場合などにぴったりです。

もちろん、簡易型だからといって、機能が劣るわけではありません。メーカーにもよりますが、ISO基準の清浄度を実現する商品は多く販売されています。 また、その他のメリットでは、取り扱いが容易だということもあります。メーカーにより違いはありますが、多くの簡易型クリーンブースは1時間程度で組み立てられます。 また、軽量なので、移動も簡単というのも有利な点です。

一方で、デメリットは、通常のクリーンブースト比較してクリーン度に限界があることです。多くのメーカーは簡易型の場合、クラス10,000です。それ以上は特注品対応となってしまうことが多いです。簡易型はクリーン度を考慮して検討してください。

簡易クリーンブースの特徴

簡易クリーンブース
引用元HP:日本エアーテック
https://www.airtech.co.jp/products/cleanbooth/1026/

簡易クリーンブースはサイズや形状が規格品化されているため、在庫があれば短い期間で導入できるのが大きなメリットと言えるでしょう。製品を在庫しているため、発送までの時間短縮化が図られています。

また構造もシンプルで顧客自身で簡単に組み上げができるように設計されています。解体も容易にできるため、撤去や移設も難しくありません。

一方で、いざ設置してみたら自社の環境や条件に合わなかったという可能性もあります。求めていた清浄度に達しなかったり、スペースに無駄ができてしまったりすることが簡易クリーンブースの弱点と言えます。

【まとめ】メリット・デメリットを理解して導入は慎重に

クリーンブースのオーダーメイドは決して珍しいことではありません。なぜなら、求められる環境や目的は企業によってさまざまだからです。たとえ同業種であっても既存施設の条件が違えば、求められるクリーンブースのサイズも仕様も機能も変わってきます。

そのため簡易クリーンブースを導入するより、コスト増となっても、オーダーメイドクリーンブースを導入した方が良いことが多々あるのです。

だからといって簡易クリーンブースがオーダーメイドクリーンブースより劣っているというわけではありません。簡易クリーンブースは納期の早さや、組み立て・解体の簡便性から一時的な利用に適しているという強みがあります。

移設も簡単なため、使わないときはコンパクトに保管しておけるメリットもあります。オーダーメイドクリーンブースと簡易クリーンブースの特徴を理解した上で導入の検討をしましょう。

ニーズ別に選ぶ
クリーンブースの取扱い会社

※2021年3月1日時点において「クリーンブース」でGoogle上位表示している18社を選出、各社の特長を踏まえてご紹介しています。

自由度の高いブースを短納期で設置可能

伸榮産業

樹脂成型機用クリーンブース
引用元:伸榮産業公式HP
(http://clean-booth.jp/showcase/)

設計から開発、製造、施工、メンテナンスまでワンストップで対応できるうえに、豊富な実績と技術があるからこそ、短納期&コストダウンを叶えてくれるんですね!

対応可能な清浄度
クラス10~100, 000
(ISO規格 4~8)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

伸榮産業のHPで
もっと施工事例を見る

清浄レベル「クラス1」も実現可能

日本エアーテック

アルミ型クリーンブース(MCB)
引用元:日本エアーテック公式HP
(https://www.airtech.co.jp/products/cleanbooth/1023/)

クリーンエアーシステムを専門とするメーカーの技術を生かして、清浄度の高い環境を提供してくれます。
グローバルに展開している企業です。

対応可能な清浄度
クラス1~100, 000
(ISO規格 3~8)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

日本エアーテックのHPで
製品例をもっと見る

簡易ブースをオンライン購入できる

アズワン(AXLE)

アルミパネル式クリーンブース
引用元:アズワン(AXLE)公式HP
(https://axel.as-1.co.jp/asone/d/1-1040-21/)

法人向けの製品を専門に扱っている商社(販売店)さんです。
私でも手軽に組み立てられるさまざまな簡易型ブースがそろっていますよ。

対応可能な清浄度
クラス10~10, 000
(ISO規格 4~7)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

アズワン(AXLE)のHPで
製品例をもっと見る