すぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで クリーンブース設置ガイドすぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで クリーンブース設置ガイド
クリーンブース設置ガイド ~すぐに依頼できる施工会社から基礎知識まで~ » クリーンブース導入FAQ » 枠(フレーム)素材の種類と違い

枠(フレーム)素材の種類と違い

クリーンブースの壁材(カバー材)はポリ塩化ビニールやパネルなどから選べます。同様に骨組みにあたるフレームの材質も選べます。

クリーンブースに使用されるフレーム材はアルミ、ステンレス、スチールが一般的です。素材により長所と短所があるため、使用される環境によって使い分けることをオススメします。このページではクリーンブースのフレーム材の違いと、それぞれの特徴を紹介します。

クリーンブースのフレーム材3種類を紹介

クリーンブースのフレーム材としてよく使われているのはアルミ、ステンレス、スチールです。それぞれの素材の特徴を紹介するので、使用する環境に適性があるか確認してみてください。

アルミの特徴

アルミの特徴は主に次のつが挙げられます。

アルミの比重は2.7でスチール(7.8)や銅(8.9)に比べておよそ1/3の軽さです。軽量なアルミをクリーンブースのフレームに採用すると組み立て時の労力が少なくなるというメリットがあります。

またアルミは塑性加工が容易で、形状を変えることができます。そのため複雑な形状の押出形材や薄い箔などを製造することが可能。またアルミという金属は産業廃棄物にならず、再生利用が可能です。再生地金を作るのに必要とするエネルギーが少なく済むため環境にも優しく経済的な素材といえます。

アルミはステンレスと比較してしまうとサビやすいです。しかし、アルミの表面にアルマイトという陽極酸化皮膜処理を行うことで、人工的に厚い酸化皮膜を作り出すことができます。この処理を行うことで、防食効果を高めることが可能です。ステンレスはこの酸化皮膜を自然に補修できる加工がされているので、アルミよりサビにくいと評価しています。

アルミは通常磁性を持ちません。磁場の影響を受けないため、磁性の影響を受けては困る船の磁気コンパスやコンピュータ用磁気ディスクに使用されています。

ステンレスの特徴

材質名であるステンレスは「ステイン(汚れ)」が「レス(ない)」という意味です。そのため先述したようにサビに強い特性を持っています。難削材として分類されており、熱伝導率が低く加工が難しいのが弱点です。

加工が難しいため複雑なデザインには不向きな素材です。身近で使用されているのは流し台や看板の骨組み、外部に設置するサインなどに使用されています。

スチールの特徴

スチールは鉄を主成分とする合金を指します。強度が高く、加工にも優れ、他の金属と比べると安価なので多用にわたって使用されています。

一方でサビやすいという弱点を持っています。そのため塗装や表面加工処理をしなければなりません。また熱にも弱いため、熱源の近くでの使用には不向きです。比重もステンレスと同様のため、アルミと比較すると重い特性を持っています。

【まとめ】クリーンブースに使うならアルミかステンレスがオススメ

クリーンブースを導入するなら、フレーム材はアルミを使用しているタイプがいいでしょう。軽量のため組み立てが簡単であること、また解体して収納するときも軽量の方が労力が少なく済みます。また磁気を帯びない特性を持っているため、精密な電子機器を使う現場に向いていると言えます。

一方で腐食性ではステンレスに劣るため、屋外での使用などが想定されるならステンレスを採用しているフレーム材に変更、もしくは標準でステンレスを使用しているタイプの導入をオススメします。ステンレス製のクリーンブースは、耐薬品性に優れているという特長も持ち合わせているので必要に応じてステンレスへ変更可能かも見積もりの段階で相談しておくと良いと思います。

ニーズ別に選ぶ
クリーンブースの取扱い会社

※2021年3月1日時点において「クリーンブース」でGoogle上位表示している18社を選出、各社の特長を踏まえてご紹介しています。

自由度の高いブースを短納期で設置可能

伸榮産業

樹脂成型機用クリーンブース
引用元:伸榮産業公式HP
(http://clean-booth.jp/showcase/)

設計から開発、製造、施工、メンテナンスまでワンストップで対応できるうえに、豊富な実績と技術があるからこそ、短納期&コストダウンを叶えてくれるんですね!

対応可能な清浄度
クラス10~100, 000
(ISO規格 4~8)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

伸榮産業のHPで
もっと施工事例を見る

清浄レベル「クラス1」も実現可能

日本エアーテック

アルミ型クリーンブース(MCB)
引用元:日本エアーテック公式HP
(https://www.airtech.co.jp/products/cleanbooth/1023/)

クリーンエアーシステムを専門とするメーカーの技術を生かして、清浄度の高い環境を提供してくれます。
グローバルに展開している企業です。

対応可能な清浄度
クラス1~100, 000
(ISO規格 3~8)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

日本エアーテックのHPで
製品例をもっと見る

簡易ブースをオンライン購入できる

アズワン(AXLE)

アルミパネル式クリーンブース
引用元:アズワン(AXLE)公式HP
(https://axel.as-1.co.jp/asone/d/1-1040-21/)

法人向けの製品を専門に扱っている商社(販売店)さんです。
私でも手軽に組み立てられるさまざまな簡易型ブースがそろっていますよ。

対応可能な清浄度
クラス10~10, 000
(ISO規格 4~7)

対応可能な機能

  • 温度調整
  • 湿度調整
  • 防虫・防塵
  • 暗室(遮光)
  • 紫外線遮断
  • 防爆
  • 秤量
  • 陰圧
  • 陽圧+陰圧
  • 射出成形機用
  • 大規模ブース
  • 簡易ブース

アズワン(AXLE)のHPで
製品例をもっと見る